コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

譲状 ゆずりじょう

百科事典マイペディアの解説

譲状【ゆずりじょう】

財産の譲渡を証する証文。平安中期以来,財産譲渡者はその相続者に対して財産の内容とこれを譲渡する旨をしるして与えた。財産内容については別に目録が添えられる場合もあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆずりじょう【譲状】

財産の処分により権利が移転したことを証明するため,譲渡者が作成して被譲渡者(相続人)に与える証文。一般には祖父母,父母が子,孫などの直系卑属に譲渡する場合に作成する文書をいい,相続が単独相続制に移行する以前の社会的背景のもとで作成された。譲状に記載される譲渡対象は,一般に田畠,家屋,山林などの所領や所職,下人所従などのことが多く,動産の譲渡の際に譲状が作成されることはあまりなかった。譲状は平安時代,10世紀初めにあらわれるが,当初は上申文書である〈解〉あるいは〈辞〉の様式を用い,譲渡行為に対する上級者の安堵を請うものであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

譲状
ゆずりじょう

所領や資財を譲与するとき作成交付する証文。処分状ともいう。平安中期以降のものが存する。鎌倉幕府法では、子孫への譲与は親が悔い返しできる規定で、あとで作成した譲状は、以前の譲状の効力を否定した。これを当時「後判は前判を破る」といった。御家人(ごけにん)は譲状をもとに幕府から所領の安堵(あんど)状を別にもらったが、1303年(嘉元1)幕府は譲状の余白(外題(げだい))に直接安堵の文言を書く定めとした。これが外題安堵のある譲状である。鎌倉時代一般的であった分割譲与制は南北朝時代以後、長子単独相続制に変化したため、室町時代になると譲状は減少した。寺僧による房舎、聖教(しょうぎょう)などの譲状は、とくに付属状ともよぶ。[百瀬今朝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の譲状の言及

【相続】より

…そのころ普通に行われていたのは生前譲与で,そのことは,ある人物が生前に譲与を行うことなく死亡して,そののちその一族内に所領財産をめぐる争いが生じたために世人の物笑いの対象になったという《沙石集》の一挿話などからも確かめられる。これに対して死因譲与は,被相続人がその譲状のうちに,自己の死後において財産所領が相続人のもとに移動する旨を特記した場合のみに限られていて,必ずしも一般的な譲与の形式ではありえなかった。この死因譲与が行われたときには,被相続人がその所領財産に対して有する権利は,その一期(いちご)(一生)のみを限りとする一期分となり,他方,相続人はその指定された所領に対して一定の相続期待権をもつ未来領主となった。…

【遺言】より

…処分相続とは,被相続人が,処分状を作り,処分文言(もんごん)を記して,どこの所領をだれに処分するかという件に関する自己の意思を明確にしたとき,成立しうるものであった。これが中世の財産相続の基本型であったことは,現在,多くの処分状・譲状(ゆずりじよう)が残存している事実からも確かめられる。ところが,被相続人になんらかの故障があって,彼が上記のような手続をとることなく死亡した場合には〈未処分〉となる。…

※「譲状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

譲状の関連キーワード鰐淵寺(がくえんじ)山代固後家尼熊谷家文書在地領主法島津家文書手継ぎ証文副状∥添状九条家文書毛利時親蝦夷管領皇嘉門院山田宗久複合文書瑠璃御前手継証文外題安堵東本願寺高井時茂大間書大野荘

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android