譲与(読み)ゆずりあたえる

精選版 日本国語大辞典「譲与」の解説

ゆずり‐あた・える ゆづりあたへる【譲与】

〘他ハ下一〙 ゆづりあた・ふ 〘他ハ下二〙 (室町時代頃からヤ行にも活用した) 自分が持つ所領・資財・物品などの所有権を人に与える。また、あることを他の者にゆだねる。
※守護国界主陀羅尼経平安中期点(1000頃)一〇「一切の悪事は皆彼の真実の沙門に推与(ユツリアタヘ)む」
※太平記(14C後)三五「畔を譲ると云は、我田の境をば人の方へは譲(ユヅリ)与れども」

じょう‐よ ジャウ‥【譲与】

〘名〙
① 物品や権利などをゆずり与えること。〔文明本節用集(室町中)〕
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉下「因て資財の内金子一万円地面三ヶ所貴君に譲与致し候」 〔孔子家語‐六本〕
② 処分すること。処理すること。
※香取文書‐康永四年(1345)二月一三日「右屋敷田畠、神子別当先祖相伝所帯也。而嫡子彦太郎所譲与実正也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「譲与」の解説

じょう‐よ〔ジヤウ‐〕【譲与】

[名](スル)財産・権利などを対価なしで他人に与えること。「所有権を譲与する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android