譴罰(読み)ケンバツ

デジタル大辞泉の解説

けん‐ばつ【×譴罰】

あやまちを責めて、罰すること。
「何等の道理ありとも拿捕追究鹵囚―を受ることなきを云う」〈西周訳・万国公法〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐ばつ【譴罰】

〘名〙 罪過を責め罰すること。譴責処罰すること。
※万国公法(1868)〈西周訳〉四「又其国に在り何等の道理ありとも拿捕追究歯囚譴罰を受ることなきを云ふ」 〔傅玄‐晉鼙舞歌・明君篇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android