コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

護摩札 ゴマフダ

デジタル大辞泉の解説

ごま‐ふだ【護摩札】

護摩をたいて祈り、本尊の霊験を宿らせたとする護符。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごまふだ【護摩札】

護摩の修法をする時の祈願の趣旨を書いた紙や板。お守りとする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の護摩札の言及

【護摩】より

…護摩のときに護摩木(ごまぎ)に添えて,施主や参列者の祈願を記した木を焼くが,これを添護摩(そえごま)という。修法の目的・趣旨を板片や紙に記したものを護摩札(ごまふだ)といい,護符に用いられる。また,護摩木の燃え残りや灰を服用したりお守りとする信仰も広く行われ,かつて高野山奥の院の護摩の灰は最も有名であったが,悪用されたことから悪人の代名詞となった。…

※「護摩札」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

護摩札の関連情報