銃後(読み)ジュウゴ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐ご【銃後】

戦場の後方。直接戦闘に携わっていないが、間接的に何かの形で戦争に参加している一般国民。「銃後の守り」
銃を執る人。武器を扱う将兵、また、その精神をいう。
「露軍も亦(また)ステッセル将軍以下―の勇士が」〈桜井忠温銃後
[補説]書名別項。→銃後

じゅうご【銃後】[書名]

桜井忠温長編小説。大正2年(1913)。明治39年(1906)刊の「肉弾」の後編にあたる作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうご【銃後】

戦線の後方。転じて、直接は戦争に参加していない一般国民や国内をさす。 「 -の備え」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐ご【銃後】

〘名〙
① 小銃の台じり。
② 銃を執る人。また、戦争の勝敗は武器の良否よりもむしろ武器をとる兵士およびその精神にかかわっているということ。大正二年(一九一三)三月、桜井忠温の著書「銃後」による語。
※銃後(1913)〈桜井忠温〉序〈大隈重信〉「かの旅順の堅塁を砕いたものは、実に銃後の人たる乃木将軍以下将卒の力であった」
③ 戦場の後方。また戦時、直接の戦闘に加わらないで、前線の背後にあってこれを支援すること。また、その一般国民および国内をいう。
※第七十三回帝国議会開院式の勅語‐昭和一二年(1937)一二月二六日「朕が銃後の臣民亦克(よ)く協力一致して時艱に当れり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銃後の関連情報