コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銃後 ジュウゴ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐ご【銃後】

戦場の後方。直接戦闘に携わっていないが、間接的に何かの形で戦争に参加している一般国民。「銃後の守り」
銃を執る人。武器を扱う将兵、また、その精神をいう。
「露軍も亦(また)ステッセル将軍以下―の勇士が」〈桜井忠温銃後
[補説]書名別項。→銃後

じゅうご【銃後】[書名]

桜井忠温長編小説。大正2年(1913)。明治39年(1906)刊の「肉弾」の編にあたる作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうご【銃後】

戦線の後方。転じて、直接は戦争に参加していない一般国民や国内をさす。 「 -の備え」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

銃後の関連キーワードポレボイ(Boris Nikolaevich Polevoy)全日本労働総同盟(戦前)ジョセフ レーナックヒンデンブルク第一次世界大戦大日本婦人会ヘアスタイル藤野 天光桜井 忠温国防婦人会学生運動南部連合シベリア松岡駒吉女性運動記録文学戦争映画民間防衛杉浦幸雄人民戦争

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銃後の関連情報