コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

護雅夫 もり まさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

護雅夫 もり-まさお

1921-1996 昭和後期-平成時代の東洋史学者。
大正10年3月30日生まれ。北大助教授をへて,昭和43年東大教授。のち日大教授,中近東文化センター理事長。内陸アジア史を研究。45年「古代トルコ民族史研究I」で学士院賞。平成8年12月23日死去。75歳。滋賀県出身。東京帝大卒。著作に「遊牧騎馬民族国家」「李陵」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

護雅夫の関連キーワードコズロフ(Pyotr Kuz'mich Kozlov)ナスレッティン・ホジャ物語ナイマン(トルコ系部族)ムスタファー・カーミル粛慎(しゅくしん)突厥(とっけつ)セレス(中国人)イェニ・チェリビルゲ・ハガンキョル・テギンイリク・ハガンオロン・スムソグディアナエニセイ碑文オルホン碑文モンゴル帝国ノイン・ウラタタール人呼韓邪単于クチュルク

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android