コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

護雅夫 もり まさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

護雅夫 もり-まさお

1921-1996 昭和後期-平成時代の東洋史学者。
大正10年3月30日生まれ。北大助教授をへて,昭和43年東大教授。のち日大教授,中近東文化センター理事長。内陸アジア史を研究。45年「古代トルコ民族史研究I」で学士院賞。平成8年12月23日死去。75歳。滋賀県出身。東京帝大卒。著作に「遊牧騎馬民族国家」「李陵」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

護雅夫の関連キーワードコズロフ(Pyotr Kuz'mich Kozlov)ナスレッティン・ホジャ物語ナイマン(トルコ系部族)ムスタファー・カーミル粛慎(しゅくしん)突厥(とっけつ)セレス(中国人)イェニ・チェリイリク・ハガンビルゲ・ハガンキョル・テギンオロン・スムソグディアナオルホン碑文モンゴル帝国エニセイ碑文ノイン・ウラ呼韓邪単于単于都護府コプト教会

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android