讃岐饂飩(読み)さぬきうどん

大辞林 第三版の解説

さぬきうどん【讃岐饂飩】

香川県特産のうどん。麺は太めで、腰が強い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

さぬきうどん【讃岐饂飩】

讃岐(現在の香川県)で作られてきた、腰の強いうどん。ゆでた麺にだしのきいたあたたかい汁をかける「かけうどん」、ゆでた麺を水にさらして締めつけ汁につけながら食べる「ざるうどん」、ゆでた麺を釜からあげたまま水で締めずにつけ汁につけながら食べる「釜あげうどん」のほか、ゆでた麺を水にさらして締め少量の濃いめのつゆをかける「ぶっかけうどん」、ゆでた麺をいったん水にさらして締め再び熱湯に浸してあたため、器に麺を湯と一緒に入れて出し、熱い麺をつけ汁につけながら食べる「湯だめうどん」、麺にしょうゆをかけて食べる「しょうゆうどん」、ゆでた麺を釜からあげ、熱いうちに生卵と少量の濃いめのつゆまたはしょうゆをからめた「釜たまうどん」など、食べ方に独特のバリエーションがある。また、香川の郷土料理に「しっぽくうどん」がある。香川県内にはセルフサービス式の店や製麺所を含む多くのうどん専門店があり、近年数店を巡って食べ歩くことがブームとなった。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

さぬきうどん【讃岐饂飩】


讃岐(現在の香川県)で作られてきた、腰の強いうどん。ゆでた麺にだしのきいたあたたかい汁をかける「かけうどん」、ゆでた麺を水にさらして締めつけ汁につけながら食べる「ざるうどん」、ゆでた麺を釜からあげたまま水で締めずにつけ汁につけながら食べる「釜あげうどん」のほか、ゆでた麺を水にさらして締め少量の濃いめのつゆをかける「ぶっかけうどん」、ゆでた麺をいったん水にさらして締め再び熱湯に浸してあたため、器に麺を湯と一緒に入れて出し、熱い麺をつけ汁につけながら食べる「湯だめうどん」、麺にしょうゆをかけて食べる「しょうゆうどん」、ゆでた麺を釜からあげ、熱いうちに生卵と少量の濃いめのつゆまたはしょうゆをからめた「釜たまうどん」など、食べ方に独特のバリエーションがある。また、香川の郷土料理に「しっぽくうどん」がある。香川県内にはセルフサービス式の店や製麺所を含む多くのうどん専門店があり、近年数店を巡って食べ歩くことがブームとなった。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android