コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷幹々 たに かんかん

2件 の用語解説(谷幹々の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷幹々 たに-かんかん

1770-1799 江戸時代中期-後期の画家。
明和7年1月17日生まれ。谷文晁(ぶんちょう)の妻。16歳で結婚。夫に画法をまなび,山水・花鳥画にすぐれた。観音像を毎日1枚えがくことを日課とし,寛政7年1月から9年12月にかけて,1000枚余をしあげたという。寛政11年7月23日死去。30歳。江戸出身。本姓は林。名は波満(はま)。字(あざな)は翠蘭。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

谷幹々

没年:寛政11.7.23(1799.8.23)
生年:明和7(1770)
江戸中期の画家。本姓林氏。名を波満,字を翠蘭。夫は谷文晁。寛政7(1795)年1月から同9年12月にかけて,日課として1日1枚,観音図を描き(日課観音),その数は1000枚余にのぼった。画は文晁に学び,山水花卉図に人気があった。<参考文献>板橋区立美術館『江戸の閨秀画家展/図録』

(安村敏信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

谷幹々の関連キーワード羅城佐久間文爾佐竹重威三鍼司馬可因樗雲淵章甫十寸見東佐(2代)三木雲門吉田二一

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone