コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とんだ トンダ

2件 の用語解説(とんだの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とん‐だ

[連体]話し手の判断の範囲を越えていることをさしていう。
意外な。思いのほかの。「とんだ長居を致しました」
とりかえしのつかない。こまった。「とんだ失敗をしでかした」
道理にはずれた。よくない。「とんだ心得違いというものだ」
[副]たいへん。非常に。
「―可愛らしい、温(おとな)しそうな娘(こ)だったよ」〈柳浪・骨ぬすみ〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とんだ

( 連体 )
思いがけないさま。意外で大変な。とんでもない。主に、よくない意で用いる。 「 -災難だった」 「この度は-ことでした」 「 -過ちをしでかした」
ひどく道理にはずれた。あきれた。とんでもない。 「 -うそを言いやがって」 「 -お笑いぐさだ」
(逆説的に)すばらしい。とてもよい。 「 -美人だ」
( 副 )
思いがけず。非常に。 「新宿がはやつて、-美しいが出るときいて/咄本・聞上手」
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とんだの関連キーワード一・壱一・壱・壹逸・一・佚・溢・逸一再恭敬車乗小雑色一、二、三─死一色町一本木

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

とんだの関連情報