コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とんだ トンダ

デジタル大辞泉の解説

とん‐だ

[連体]話し手の判断の範囲を越えていることをさしていう。
意外な。思いのほかの。「とんだ長居を致しました」
とりかえしのつかない。こまった。「とんだ失敗をしでかした」
道理にはずれた。よくない。「とんだ心得違いというものだ」
[副]たいへん。非常に。
「―可愛らしい、温(おとな)しそうな娘(こ)だったよ」〈柳浪・骨ぬすみ〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とんだ

( 連体 )
思いがけないさま。意外で大変な。とんでもない。主に、よくない意で用いる。 「 -災難だった」 「この度は-ことでした」 「 -過ちをしでかした」
ひどく道理にはずれた。あきれた。とんでもない。 「 -うそを言いやがって」 「 -お笑いぐさだ」
(逆説的に)すばらしい。とてもよい。 「 -美人だ」
( 副 )
思いがけず。非常に。 「新宿がはやつて、-美しいが出るときいて/咄本・聞上手」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

とんだの関連キーワードパーフェクト リバティー教団パーフェクトリバティー教団和歌山県西牟婁郡白浜町安居楠木城跡〈上赤阪城跡〉ウイリアム ギルバート伝染性膿痂疹(とびひ)アンリ ベロー千早赤阪(村)ファルトレク長谷川龍生マイケルズ河南(町)楽市・楽座心得違い石山輝夫番匠宇司土居裕子観葉植物平川唯一ドアノー

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とんだの関連情報