谷脇権之丞(読み)たにわき ごんのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷脇権之丞 たにわき-ごんのじょう

?-? 戦国時代の漆工。
土佐(高知県)長岡郡本山郷(もとやまのごう)の檜物(ひもの)細工師。本山(春慶)塗の祖。永禄(えいろく)(1558-70)のころ,領主本山茂辰(しげとき)に白木の三方を献じたところ,塗り物を工夫するようもとめられ,素地をキハダの皮からとった染料で着色して漆をぬった漆器をつくった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android