谷蓼(読み)タニタデ

精選版 日本国語大辞典の解説

たに‐たで【谷蓼】

〘名〙 アカバナ科の多年草。日本各地や、サハリン南部、中国、台湾にかけての山中に生える。高さ二〇~五〇センチメートル。細長い地下茎を引く。茎は直立し、節間の基部はいくらかふくらみ、普通、葉柄とともに紅紫色を帯びる。葉は対生して、長柄をもち、葉身は卵形、長さ三~八センチメートル、先はとがり基部は丸みを帯び、縁に低い波状の鋸歯(きょし)がまばらにある。夏、茎の頂に分枝して総状花序を出し、小さな紅紫色の二弁花を多数つける。花弁の先端は三裂し、雄しべは二本、花柱は一本ある。果実は長柄をもち倒卵形で鉤毛を密につける。〔物品識名拾遺(1825)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android