豊姫(読み)とよひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊姫 とよひめ

古代伝承上の人物。
神功(じんぐう)皇后の妹とされる。皇后の新羅(しらぎ)(朝鮮)遠征にしたがい,干珠(かんじゅ)・満珠(まんじゅ)のふたつの宝玉をもちかえった。のち豊国に封じられ,朝鮮半島に対する守りにあたったという。福岡県には豊姫をまつった神社がおおくみられる。豊比咩命とも。別名に淀姫,玉妃命。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

豊姫 (とよひめ)

生年月日:1800年10月7日
江戸時代後期の女性。紀伊和歌山藩主徳川斉順の妻
1845年没

豊姫 (とよひめ)

生年月日:1735年11月27日
江戸時代中期の女性。出羽米沢藩主上杉重定の正室
1757年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android