コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹八重太夫(5代) とよたけ やえたゆう

1件 の用語解説(豊竹八重太夫(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊竹八重太夫(5代) とよたけ-やえたゆう

1794-1859 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
寛政6年生まれ。大坂の人。義太夫節の4代豊竹八重太夫,3代竹本長門太夫(ながとだゆう)の弟子。豊竹小町太夫,粂太夫,2代橘太夫をへて5代を襲名。安政5年3代豊竹麓太夫(ふもとだゆう)をつぎ,櫓下(やぐらした)となる。安政6年1月16日死去。66歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

豊竹八重太夫(5代)の関連キーワード光の科学史葛飾北斎東洲斎写楽銃創瑣言東洲斎写楽平塚飄斎シーボルト難波抱節地向斜マジェンタの戦いの後のイタリア陣営

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone