ビラフランカの和議(読み)ビラフランカのわぎ(英語表記)Armistice of Villafranca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ビラフランカの和議」の解説

ビラフランカの和議
ビラフランカのわぎ
Armistice of Villafranca

1859年7月11日,第2次イタリア独立戦争において,北イタリアのビラフランカでフランス皇帝ナポレオン3世オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の間に結ばれた休戦協定。1859年4月に始まったサルジニア王国=フランス連合軍とオーストリアの戦争は同 1859年6月ソルフェリノの戦い前者が勝利を収めたが,サルジニア王国が強大となることを恐れたナポレオン3世が単独でオーストリア側と休戦協定を結び,サルジニア王ビットリオ・エマヌエレ2世に事後承認を迫った。イタリアに憤激の声が上がったが,単独での抗戦を不可能として王はこの条約を承認。勝利に向かっていたイタリアの独立戦争はロンバルディアを奪回しただけで中止させられたため,先にプロンビエルの密約を結んでいたカミッロ・ベンソ・ディ・カブールはこの妥協に抗議して首相を辞任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android