コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロベスピエール Robespierre, Maximilien-François Marie-Isidore de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロベスピエール
Robespierre, Maximilien-François Marie-Isidore de

[生]1758.5.6. アルトアアラス
[没]1794.7.28. パリ
フランス革命の指導者。恐怖政治期 (1793~94) における山岳派の指導者として知られる。弁護士の長男として生れ,1769年パリのルイ大王学院入学の奨学金を与えられた。天才的な頭脳をもつ学生で,80年大学入学を許可され,翌年法学修士号を取得,卒業後,故郷アラスで弁護士になった。たちまち名声を博し,82年アラス司教区の刑事裁判官に任命された。 89年アルトア州第三身分の代議員として全国三部会に参加。国民議会が成立すると,急進的なジャコバン・クラブに加入,以後憲法制定国民議会からテルミドール九日まで,終始革命のなかに身をおいた。思想的にはルソーの影響を受けた。立法議会ではジロンド派の開戦論に反対し,山岳派の指導者となってサン=キュロットと同盟,93年6月国民公会からジロンド派を追放しジャコバン派独裁を樹立。同年7月公安委員会の一員となって恐怖政治を行なった。「徳なくして恐怖は罪であり,恐怖なくして徳は無力」と説き,「徳の共和国」という平等の小所有者の共和国を理想としながらも,現実は革命独裁を推進。山岳派内で,左派の J.エベールほか 19名を処刑し,また右派の G.ダントンをギロチンに送ってエベール派,ダントン派を排除,この頃よりサン=キュロットの支持も失い,94年7月 27日 (テルミドール九日) ,国民公会によって逮捕された。翌日同志とともに革命広場 (現コンコルド広場) で処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロベスピエール(Maximilien François Marie Isidore Robespierre)

[1758~1794]フランスの政治家。大革命期の1792年、国民公会の議員となり、ジャコバン派の中心人物としてジロンド派を追放。革命の防衛の名のもとに恐怖政治を強行。封建制の全廃などの諸改革を行ったが、1794年テルミドールのクーデターによって処刑された。→テルミドールの反動

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ロベスピエール

フランス革命の最高指導者の一人。弁護士として名をあげ,全国三部会には第三身分の代表,国民議会では左派に属した。早くからジャコバン・クラブに属しやがて山岳派の指導者となり,国民公会で1793年ジロンド派を追放して独裁体制を樹立,最高責任者となった。
→関連項目公安委員会(フランス)サン・ジュスト

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロベスピエール【Maximilien Marie Isidore de Robespierre】

1758‐94
フランス革命の指導的な政治家。北フランスのアラスで弁護士の家に生まれた。6歳で母を失い,父もまもなく失踪したため,母方の祖父に引き取られ,アラスの神学校で学んだ。1769年に給費生としてパリのルイ・ル・グラン学院に入り,古典や法律を学んだほか,啓蒙思想に触れ,とくにルソーから大きな影響を受けた。81年に法学士となって故郷に帰り,弁護士になり,貧しい者や弱い者の権利を守るために努力するうち,旧体制の矛盾を痛感するようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ロベスピエール【Maximilien François Marie Isidore de Robespierre】

1758~1794) フランスの政治家。フランス革命に際しジャコバン派を指導、国王処刑・ジロンド派追放を推進。反革命勢力一掃のための恐怖政治を断行。民主的諸改革を行なったが、テルミドール反動により処刑。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロベスピエール
ろべすぴえーる
Maximilien Franois Marie Isidore Robespierre
(1758―1794)

フランス革命期の政治家。5月6日、フランス北部のアラスで生まれる。父は弁護士であったが失踪(しっそう)し、母方の祖父に育てられた。アラスの修道院の給費生としてパリの名門校ルイ・ル・グラン学院に入学し、秀才ぶりを発揮した。この期間にパリか、エルムノンビルか、いずれかで晩年のJ・J・ルソーに面会し、終生忘れぬ感銘を受けた。1781年弁護士の資格を得てアラスに帰り開業した。アカデミーや文学会にも入会し、彼が弁護した事件には社会的反響をよんだものもあり、終始被圧迫者を守るのが一貫した方針だった。事件について社会批判を含む論文も発表し、1788年12月、三部会の選挙が迫ると『アルトア州民に訴える』というパンフレットを発表し、翌1789年4月には三部会議員に選出された。市民の国民兵登録と選挙権の資格制限には激しく反対し、1791年9月シャン・ド・マルスの虐殺事件後の共和制運動のなかで、フイヤン派がジャコバン・クラブから分裂したとき、その再建にあたったのは彼およびペティヨンJrme Ption de Villeneuve(1756―1794)であった。ロベスピエールは、憲法制定議会(三部会が1789年6月に国民議会、さらに7月に憲法制定議会と改称)の最後になって現議員は再選されるべきでないことを提案し、通過させた。
 1791年10月、立法議会が開催されると、ロベスピエールの政治活動はジャコバン・クラブを舞台とし、『憲法を守るもの』という機関紙を発刊してこれに拠(よ)った。おりしもフランスに開戦の空気が強く、クラブ内ではブリソ派の開戦論が強力で、これに対しロベスピエールら少数派は、戦争は民衆の窮迫を招くという理由で反戦の立場を主張したが、1792年フランスはまずオーストリアに宣戦した。対外戦争と経済危機のために非常事態を迎えたとき、彼は民衆の武装蜂起(ほうき)に賛成し、同年の「八月十日事件」を経て革命的民主主義が上昇線を描くと、ブリソ派(ジロンド派)に対して彼がサン・キュロットの代表的人物となった。1792年9月、国民公会のパリ選出議員となり、ジロンド派のロベスピエール派(山岳派)に対する攻撃にはサン・キュロット民衆の支持によって対立し、1793年春の食糧危機、軍事的危機に革命的立法によって対処した。革命裁判所の設立、最高価格令の施行などがこれである。同年5月末から6月にかけてパリの革命的民衆はジロンド派議員を追放し、7月にロベスピエールは公安委員会に入り、ロベスピエール派を中心とするジャコバン派が独裁権力を握った。
 ロベスピエールは盟友サン・ジュスト、クートンGeorges Auguste Couthon(1755―1794)らとともに、革命の危機の克服には民衆の支持が必要と考え、その社会的要求にある程度譲歩しようとし、いわばサン・キュロット民衆と議会のジャコバン派ブルジョアの中間にたって媒介者の役割を果たした。したがって恐怖政治、土地立法にしてもエベール派民衆に対する政治的譲歩であったが、1793年10月、議会は革命政府の樹立を宣言して非常事態に対処するため1793年の憲法を停止し、しだいにパリ民衆結社の弾圧に転じた。1794年3月、いわゆるバントーズ法(反革命容疑者の財産を貧困者に無償分配する法律)は革命的立法の頂点で、この月サン・ジュストの告発によって急進的エベール派を、4月には穏和的なダントン派を処刑した。この一時期、革命はロベスピエール派に指導されたが、戦局と経済状況好転の見通しがつくと、民衆結社の政治介入を排除し、これを制圧する動向が強く、したがってロベスピエール自身の存在も必要なく、7月27日(革命暦テルミドール9日)、クーデターによって彼の一派は捕らえられ、翌日処刑された(テルミドールの反動)。彼は終生禁欲的な規則正しい生活を守り、結婚もしなかった。[井上幸治]
『井上幸治著『ロベスピエール――ルソーの血ぬられた手』新版(1981・誠文堂新光社) ▽マルク・ブゥロワゾオ著、遅塚忠躬訳『ロベスピエール』(白水社・文庫クセジュ)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のロベスピエールの言及

【公安委員会】より

…会議は毎日午後から開始され,時には深夜まで続けられた。委員のうちバレールBertrand Barèreは国民公会や諸官庁との連絡調整を,ランデJean‐Baptiste‐Robert Lindetは食料補給を,カルノーは軍事問題,プリュール・ド・ラ・コート・ドールClaude‐Antoine Prieur de la Côte‐ďOrは武器・弾薬の調達,ビヨ・バレンヌJacques‐Nicolas Billaud‐Varenneとコロ・デルボアJean‐Marie Collot ďHerboisは地方行政を主として担当したが,委員会の政策の全体的方向を決定づけたのは,事実上ロベスピエールと,彼を補佐したサン・ジュストおよびクートンGeorges‐Auguste Couthonであった。しかしジャコバン独裁の末期になると,保安委員会との対立や,ロベスピエールの個人独裁を危惧する他の委員と,ロベスピエール派との対立が表面化し,テルミドールの反動を招いた。…

【テルミドール9日】より

…フランス革命期の1794年7月27日にロベスピエール派を失脚させた反動的なクーデタをいい,その日が共和暦(革命暦)第2年テルミドール9日に当たるのでこの名がある。93年6月から山岳派の独裁が始まり,議会(国民公会)内部の公安委員会に権力が集中され,恐怖政治がしだいに強化されていったが,94年初めから議会の内外で分派の争いが激しくなり,そのころ主導権を握っていたロベスピエール派は,まず左翼のエベール派を処刑し,次いで右翼のダントン派を処刑するにいたった。…

【フランス革命】より

… まず山岳派は,〈社会の目的は公共の福祉にあり〉という原則を掲げた新憲法(普通選挙を含む)を制定したが,内外の非常事態を前にしてこの憲法の実施を延期し,憲法によらない非常政治体制としての〈革命政府〉を樹立した。この体制は立法権と行政権とを分立させず,立法府たる国民公会のなかのいくつかの委員会,とくに公安委員会に強力な行政的な権限をも集中して敏速な政治指導を行おうとする一種の独裁体制であって,公安委員会において最も指導的な役割を果たしたのが,パリのジャコバン・クラブを背景とするロベスピエールであった。この独裁体制は,旧体制を徹底的に一掃するとともに内外の反革命勢力の攻撃から革命を擁護するための非常手段であるという意味で,革命的独裁と呼ばれうる。…

【民主主義】より

公民権運動によってそれが回復するのは1950年代以降のことである。
【19世紀西欧での民主主義概念の変容】

[フランス革命とJ.J.ルソー,ロベスピエール]
 19世紀ヨーロッパにおける民主主義概念の展開は,アメリカとは際立って対照的である。フランス革命以後19世紀末まで,ヨーロッパのどの国でも,民主主義は,当初は主として旧貴族や地主,後には資本家という支配層と対立する民衆の戦いの言葉であった。…

※「ロベスピエール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロベスピエールの関連キーワード公安委員会(フランス革命)バレール・ド・ビューザック公安委員会(フランス)公安委員会[フランス]バレール・ド・ビュザクエロー・ド・セシェルテルミドール9日テルミドール反動コロー・デルボア反革命容疑者法ジャコビニスムA. ソブールサン=ジュストテルミドール派人間の権利協会山岳党・山嶽党サンジュストダントンの死理性の祭典保安委員会

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロベスピエールの関連情報