豊賀検校(読み)とよがけんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊賀検校
とよがけんぎょう

盲人の地歌演奏家。大阪における検校・勾当として数代ある。天明5 (1785) 年没の豊賀検校は,弟子の峰崎勾当が追善曲『袖香炉』を作曲していることでも有名。ほかに1世津山検校慶之一 (?~1836) も初名は豊賀。菊橋検校右一から三味線本手を伝承された2世津山検校春寿一 (1798~1853) も,後年豊賀検校を名のる。この2世津山の豊賀検校から数えて3世豊賀となる藤枝富寿一 (楯井勾当辰寿一門下) は,1879年に『歌曲時習考 (さらえこう) 』の追補版を編集。この3世豊賀の門下からは,4世豊賀を名のった豊崎や,後に豊賀梅琴を名のった田中うめ (56~1935) らが出た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android