貝塚伊吹(読み)カイヅカイブキ

大辞林 第三版の解説

かいづかいぶき【貝塚伊吹】

イブキの園芸品種。幹は直立して枝は太く、側枝はねじれ、円錐形の樹形をなす。生け垣・庭木などとする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

貝塚伊吹 (カイズカイブキ)

学名:Juniperus chinensis var.kaizuka
植物。ヒノキ科の常緑針葉高木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かいづか‐いぶき かひづか‥【貝塚伊吹】

〘名〙 ヒノキ科の植物、イブキの園芸品種。枝がねじれる性質をもつが樹形は円錐形となる。葉は鱗片葉からなる。暖地の庭園樹。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android