コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生長 セイチョウ

デジタル大辞泉の解説

せい‐ちょう〔‐チヤウ〕【生長】

[名](スル)《古くは「せいぢょう」とも》
草木が生い育つこと。「苗木が生長する」
人や動物が生まれ育つこと。
「お芳はいつしか―して、はや十歳となりにけり」〈逍遥当世書生気質
物事が生まれ広がること。大きくなること。
「生を保つの天性次第に―し、生を楽しむの心となり」〈田口日本開化小史

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

せいちょう【生長】

奈良の日本酒。酒名は「生駒山の長ならん」と命名。本醸造酒は原料米を60%まで精米する吟造りで醸す。ほかに大吟醸酒がある。原料米は山田錦など。仕込み水は生駒山の伏流水。蔵元の「上田酒造」は元禄元年(1688)創業。所在地は生駒市壱分町。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せいちょう【生長】

( 名 ) スル
〔古くは「せいぢょう」とも〕
生まれ育つこと。
(植物が)伸び育つこと。 「稲が-する」
(人・動物が)生まれ育つこと。 「お芳はいつしか-して、はや十歳となりにけり/当世書生気質 逍遥
物事が大きくなること。 「生を保つの天性次第に-し/日本開化小史 卯吉
「成長」に同じ。 → 成長(補説欄)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の生長の言及

【成長】より

…植物の場合には生長と書くことが多い。一般には,生まれて育つ過程での,同化作用が異化作用を越えることにより生ずる形態や重量や数量などの大きさの増加をいい,発育とほぼ同義のことばとして使われる。…

※「生長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生長の関連キーワード刈り払い・刈払い・苅り払い・苅払い竹の子の親まさりアグリケミカル竹の子の親勝りインドール酢酸高接ぎ・高接梅の木分限栄養塩濃度抑制栽培分裂組織肥大生長伸長生長二次生長茎頂培養実生い矮化剤固まる心止め間作林受光伐

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生長の関連情報