コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生長 セイチョウ

3件 の用語解説(生長の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せい‐ちょう〔‐チヤウ〕【生長】

[名](スル)《古くは「せいぢょう」とも》
草木が生い育つこと。「苗木が生長する」
人や動物が生まれ育つこと。
「お芳はいつしか―して、はや十歳となりにけり」〈逍遥当世書生気質
物事が生まれ広がること。大きくなること。
「生を保つの天性次第に―し、生を楽しむの心となり」〈田口日本開化小史

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

せいちょう【生長】

奈良の日本酒。酒名は「生駒山の長ならん」と命名。本醸造酒は原料米を60%まで精米する吟造りで醸す。ほかに大吟醸酒がある。原料米は山田錦など。仕込み水は生駒山の伏流水。蔵元の「上田酒造」は元禄元年(1688)創業。所在地は生駒市壱分町。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せいちょう【生長】

( 名 ) スル
〔古くは「せいぢょう」とも〕
生まれ育つこと。
(植物が)伸び育つこと。 「稲が-する」
(人・動物が)生まれ育つこと。 「お芳はいつしか-して、はや十歳となりにけり/当世書生気質 逍遥
物事が大きくなること。 「生を保つの天性次第に-し/日本開化小史 卯吉
「成長」に同じ。 → 成長(補説欄)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の生長の言及

【成長】より

…植物の場合には生長と書くことが多い。一般には,生まれて育つ過程での,同化作用が異化作用を越えることにより生ずる形態や重量や数量などの大きさの増加をいい,発育とほぼ同義のことばとして使われる。…

※「生長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

生長の関連キーワード調伏一本調子鑷子増長調度長夜内治不調赤提灯刻彫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生長の関連情報