貞数親王(読み)さだかずしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞数親王 さだかずしんのう

875-916 平安時代前期-中期,清和天皇の第8皇子。
貞観(じょうがん)17年生まれ。母は在原行平(ありはらの-ゆきひら)の娘文子。貞観18年親王となる。舞の名手として知られた。歌は「後撰(ごせん)和歌集」「新拾遺和歌集」におさめられている。延喜(えんぎ)16年5月19日死去。42歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android