コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞松斎米一馬(読み)ていしょうさい よねいちば

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貞松斎米一馬
ていしょうさいよねいちば
(1767―1838)

江戸後期のいけ花作家。江戸における浅草遠州(えんしゅう)流の祖とされる本松斎一得(ほんしょうさいいっとく)の孫弟子にあたり、独立して正風遠州流を創始する。曲線の変化による形式的な美を球形のうちに表現することを試み、技巧的な遠州流独特の花型を創案し、江戸生花(せいか)に大きな影響を残した。著書に『挿花衣之香(いけばなころものか)』(1801)、『挿花独稽古(ひとりけいこ)』(1806)などがある。[北條明直]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android