貞松斎一馬(読み)ていしょうさい・いちば

朝日日本歴史人物事典の解説

貞松斎一馬

没年:天保9.10.27(1838.12.13)
生年明和1?(1764)
江戸後期の挿花宗匠。正風遠州流の。生年には明和4(1767)年説もある。本名米沢寛篤,雅名米一馬(初代)。書を松川染竜 に学んで渓竜と号し,俳諧は谷口鶏口の門人で2代木犀桜川を称した。挿花の師は岸松斎一貞。編著書『挿花衣之香』の巻頭に師の松竹梅挿花図を掲げている。自身の言葉によれば,作風は「風致,長短,曲直の変化」「潤色有ん挿花」。弟子の貞槙斎一養は師の一馬について「正風の体を発明せられてより門葉年年に栄えける」と記している。正風遠州流は平成期の7代米一馬におよぶ。著書に文化4(1807)年自筆本『おもと伝授の事』(京都・柿葉文庫蔵),同5年刊『俳諧独稽古』などがある。

(岡田幸三)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android