コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞次(3) さだつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞次(3) さだつぐ

?-? 江戸時代前期の刀工。
土佐(高知県)石立村の人で,備中(びっちゅう)(岡山県)青江派の子孫。堀内次郎右衛門,のち不動義昌と称し,出家して宗敬と号した。寛永(1624-44)のころ活躍し,槍の名工として知られた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

貞次(3)の関連キーワード刀工

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android