コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

負抵抗 ふていこう negative resistance

1件 の用語解説(負抵抗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

負抵抗
ふていこう
negative resistance

負の値をもつ電気抵抗または力学抵抗をいう。負性抵抗とも呼ばれる。電流電圧特性 (その比が抵抗値を示す) が図の太線部分のようなとき,この部分は負の勾配をもち,負抵抗の働きをする。アーク放電グロー放電エサキダイオードマグネトロン,正のフィードバックをかけた増幅器などに現れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の負抵抗の言及

【電気抵抗】より

…これは非オーミックな抵抗と呼ばれている。抵抗を流れる電流がわずかに変化したとき生ずる電位差の変化の割合dV/dIrを微分抵抗といい,微分抵抗が負になる負抵抗は発振回路などに用いられる。電気伝導【塚田 捷】。…

※「負抵抗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

負抵抗の関連キーワード磁気抵抗効果抵抗器電気抵抗標準抵抗器抵抗率外部抵抗固定抵抗器磁気抵抗素子電気抵抗器負の磁気抵抗効果