コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

負抵抗 ふていこうnegative resistance

1件 の用語解説(負抵抗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

負抵抗
ふていこう
negative resistance

負の値をもつ電気抵抗または力学抵抗をいう。負性抵抗とも呼ばれる。電流電圧特性 (その比が抵抗値を示す) が図の太線部分のようなとき,この部分は負の勾配をもち,負抵抗の働きをする。アーク放電グロー放電エサキダイオードマグネトロン,正のフィードバックをかけた増幅器などに現れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の負抵抗の言及

【電気抵抗】より

…これは非オーミックな抵抗と呼ばれている。抵抗を流れる電流がわずかに変化したとき生ずる電位差の変化の割合dV/dIrを微分抵抗といい,微分抵抗が負になる負抵抗は発振回路などに用いられる。電気伝導【塚田 捷】。…

※「負抵抗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone