負担付き贈与(読み)ふたんつきぞうよ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「負担付き贈与」の解説

負担付き贈与
ふたんつきぞうよ

受贈者一定の給付債務を負担させる贈与契約。ある人に家屋を贈与する代りに,その家屋の抵当債務を負担させる契約などがそれに相当する。受贈者の負担の利益を受ける者は,贈与者に限られず,その他の第三者であってもよい。また負担の内容も公序良俗に反しないかぎり,自由に定められる。負担付き贈与は,あくまでも無償契約としての贈与の一形態であり,受贈者の負担は,贈与行為と対価関係を有するものではない。しかし,実質的にみれば,負担と贈与の間には,負担の限度では有償契約類似の関係が認められるので,民法は,負担付き贈与者に部分的にではあるが,担保責任を負わせ (551条2項) ,さらに双務契約に関する規定が準用されるものとしている (553条) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android