コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無償契約 むしょうけいやくunentgeltlicher Vertrag

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無償契約
むしょうけいやく
unentgeltlicher Vertrag

当事者のなすべき給付が対価的意義を有しない契約。契約によって一方の当事者だけが債務を負担するもの,たとえば贈与などがこれに属する。 (→有償契約 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

むしょう‐けいやく〔ムシヤウ‐〕【無償契約】

贈与使用貸借などのように、当事者の一方だけが給付(出捐(しゅつえん))をする契約。⇔有償契約

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むしょうけいやく【無償契約】

当事者の一方だけが給付を行う契約。贈与・使用貸借など。 ⇔ 有償契約

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無償契約
むしょうけいやく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の無償契約の言及

【契約】より

…主要な分類をあげれば次のとおりである。(1)有償契約・無償契約 契約当事者が対価的な意味(たとえば売買契約における目的物と代金)をもつと考える財産上の損失を相互に負担する契約が有償契約で,そうでない契約が無償契約である。前者の例としては売買,交換,利息付消費貸借,賃貸借,雇傭,請負等が,後者の例としては贈与,無利息消費貸借,使用貸借等が,それぞれあげられる。…

【有償契約・無償契約】より

…契約当事者双方が,契約の締結から債務の履行までの全過程において,相互に対価的関連を有する出捐(しゆつえん)(財産にかぎらず,労務・事務等を給付すること)をする契約を有償契約といい,当事者の一方のみが対価性のない出捐をする契約を無償契約という。双務契約・片務契約の区別が,契約の効果として各当事者が対価的関連のある債務を負うか否かという形式的基準によってなされるのに対し,有償契約・無償契約の区別は,契約の全過程において一方の出捐による損失が他方の出捐によって償われるか否かという実質的な基準による。…

※「無償契約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

無償契約の関連キーワード契約(当事者間の合意)有償契約・無償契約負担付き贈与担保責任消費貸借要物契約

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無償契約の関連情報