負薪(読み)フシン

精選版 日本国語大辞典の解説

ふ‐しん【負薪】

〘名〙
① たきぎを背負うこと。力仕事をすること。〔史記‐河渠書〕
② (比喩的に) つらい仕事。困難な事業。
※童子問(1707)序「分章析句、登諸梨棗、以償負薪之志云」
③ 卑賤の者。
※文明本節用集(室町中)「負薪之言 フシンノコト 〔三略〕」 〔呉志‐陸凱伝〕
④ 古代中国で、士の階級の者の病気の称。祿が十分でなく、たきぎを背負って働いたために病気になった意とされる。ひいて、自分の病気の謙称。負薪の憂え。負薪の病。〔書言字考節用集(1717)〕 〔春秋公羊伝注‐桓公一六年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android