コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財産開示手続(き) ザイサンカイジテツヅキ

デジタル大辞泉の解説

ざいさんかいじ‐てつづき【財産開示手続(き)】

損害補償などで、確定判決、和解調書、調停調書があるのに相手方が支払いに応じない場合、裁判所に申し立てて相手方の財産を開示させる手続き。相手方が裁判所への出頭を拒否したり、嘘をついたりすると30万円以下の過料となる。
[補説]平成15年(2003)民事執行法改正で新設。平成16年(2004)4月より施行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

財産開示手続(き)の関連キーワード補説

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android