コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出頭 シュットウ

デジタル大辞泉の解説

しゅっ‐とう【出頭】

[名](スル)
本人がその場所、特に役所・警察などに出向くこと。「裁判所に出頭する」
他よりぬきんでること。特に、寵愛を受けて立身出世すること。また、その人。
「主君の気に入りて、知行をとり―しけるほどに」〈仮・浮世物語・一〉
政務の要職にあること。また、その人。
「鎌倉殿の―を鼻にかけ」〈浄・盛衰記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅっとう【出頭】

( 名 ) スル
官庁などの呼び出しを受けて出かけること。 「 -を求める」 「裁判所に-する」 「 -命令」
他より抜きん出ること。立身出世すること。 「主君の気に入りて知行を取り-しける程に/仮名草子・浮世物語」
主君のそば近くつとめること。主君の寵愛ちようあいを受けること。また、その人。 「鎌倉殿の-を鼻にかけ/浄瑠璃・ひらかな盛衰記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出頭の関連キーワード呼び出し状・呼出し状改正児童虐待防止法鸚鵡返文武二道証人と参考人百条委員会参考人招致自首と出頭任意同行贔屓偏頗浮世物語出頭命令任意捜査呼出し状為れたい目安裏判任意出頭会所めく証人喚問御用召し欠席裁判

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出頭の関連情報