コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貨郎図 かろうずHuò láng tú

世界大百科事典 第2版の解説

かろうず【貨郎図 Huò láng tú】

中国画の画題。売貨郎,嬰戯貨郎,貨郎担ともいう。婦人や子供用の小間物,玩具をかついで売り歩く行商人を描いたもの。同種のものに水売り,鳥売りなどもある。庶民の姿が題材に登場する宋以後,描かれるようになったらしく,南宋時代の画院画家,蘇漢臣が有名で,伝称作品もあるが,遺品は明時代のものが多い。明の呂文英筆(東京国立博物館など)が代表的な例である。【海老根 聰郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貨郎図の関連キーワード貨郎児

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android