コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

責め場 せめば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

責め場
せめば

歌舞伎の一局面。男女の主要な役が,悪役に責めさいなまれる場面をいう。殺人にいたる過程が独自の展開をみせたもので,元禄期 (1690前後) からみられる。その初期には,責められる側の哀れさと,責める悪役の憎さの拡大が主眼であったが,化政期 (1804~30) から幕末にかけての退廃期にいたると,加虐的なエロティシズムが好まれて強調されるようになった。鍼灸責め,雪責め,琴責め,蛇責め,牢問い (拷問) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

責め場の関連キーワード曾我綉侠御所染鶊山姫捨松殺し場

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android