コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴族の巣 きぞくのす Dvoryanskoe gnezdo

2件 の用語解説(貴族の巣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貴族の巣
きぞくのす
Dvoryanskoe gnezdo

ロシアの作家 I.ツルゲーネフ長編小説。 1859年発表。妻の不義を知り絶望して単身帰国した主人公ラブレツキーは,近在の清純無垢な娘リーザと愛し合うようになるが,死んだと伝えられていた妻が突然帰国し,すべてが破綻する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きぞくのす【貴族の巣】

ツルゲーネフの小説。1859年刊。長年の外国暮らしの後、不実な妻を置いて一人でロシアに帰国した地主貴族ラブレツキーの新たな愛とその破局を描いた長編。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貴族の巣の関連キーワードザイツェフサーニンツルゲーネフルージン片恋ツルゲネーフ娼婦の時ロシアの恋人ヴォル・ゲームトゥルゲーネフ,I.S.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone