コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷愁 キョウシュウ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐しゅう〔キヤウシウ〕【郷愁】

他郷にあって故郷を懐かしく思う気持ち。ノスタルジア。「故国への郷愁を覚える」「郷愁にかられる」
過去のものや遠い昔などにひかれる気持ち。「古き良き時代への郷愁
[補説]書名別項。→郷愁

きょうしゅう【郷愁】[書名]

ヘッセの小説「ペーターカーメンチント」の邦題。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうしゅう【郷愁】

故郷を離れている人が故郷をなつかしく感じる気持ち。ノスタルジア。 「 -を覚える」
古いものをなつかしむ気持ち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

郷愁の関連キーワードグーセンス:万華鏡/piano soloプラーガ(Emilio Praga)フェルナンド アモルソロ測量船(三好達治の詩集)アンドリュー ワイエスベルトス アーフィェスユング・シュティリングルドルフ フォルスタートム・ソーヤーの冒険ボリソフ・ムサートフhomesick帆・ランプ・鴎カマラ ライェジャン ロランノスタルジック映画サウダーヂキム・ハクヨンアルベルティ田畑 修一郎ノスタルジア

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郷愁の関連情報