郷愁(読み)キョウシュウ

  • きょうしゅう キャウシウ
  • きょうしゅう〔キヤウシウ〕
  • 書名

大辞林 第三版の解説

故郷を離れている人が故郷をなつかしく感じる気持ち。ノスタルジア。 -を覚える
古いものをなつかしむ気持ち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 異郷にいて、故郷を懐かしく思う気持。懐郷の想い。ノスタルジア。
※常山文集(1718)七絶「灯前聴雁抱郷愁、飛月穿雲宿処投」
② 昔のことを懐かしく思ったり、ひかれたりする気持。
※上海(1928‐31)〈横光利一〉二五「不意に輝いた郷愁に打たれた自分を感じると」 〔岑参‐宿関西客舎寄厳詳二山人詩〕
[2] (原題Peter Camenzind) ヘルマン=ヘッセ作の長編小説。青年ペーターを主人公に青春を描く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郷愁の関連情報