郷愁(読み)キョウシュウ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐しゅう〔キヤウシウ〕【郷愁】

他郷にあって故郷を懐かしく思う気持ち。ノスタルジア。「故国への郷愁を覚える」「郷愁にかられる」
過去のものや遠い昔などにひかれる気持ち。「古き良き時代への郷愁
[補説]書名別項。→郷愁

きょうしゅう【郷愁】[書名]

ヘッセの小説「ペーターカーメンチント」の邦題。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうしゅう【郷愁】

故郷を離れている人が故郷をなつかしく感じる気持ち。ノスタルジア。 「 -を覚える」
古いものをなつかしむ気持ち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐しゅう キャウシウ【郷愁】

[1] 〘名〙
① 異郷にいて、故郷を懐かしく思う気持。懐郷の想い。ノスタルジア
※常山文集(1718)七絶「灯前聴雁抱郷愁、飛月穿雲宿処投」
② 昔のことを懐かしく思ったり、ひかれたりする気持。
※上海(1928‐31)〈横光利一〉二五「不意に輝いた郷に打たれた自分を感じると」 〔岑参‐宿関西客舎寄厳詳二山人詩〕
[2] (原題Peter Camenzind) ヘルマン=ヘッセ作の長編小説。青年ペーターを主人公に青春を描く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郷愁の関連情報