コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

買物独案内 かいものひとりあんない

1件 の用語解説(買物独案内の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいものひとりあんない【買物独案内】

江戸時代~明治前期に板行された商人・職人名鑑。買物・あつらえ物の用に,居ながら目的の店を知ることができる。住所や暖簾(のれん)印を載せ,いろは順の業種別配列を施すなどのくふうもある。単なる商人仲間名鑑とは異なり,薬品などの広告文や飲食店なども含み,店名広告の情報的価値を認識して作られている。1820年(文政3)刊《商人買物独案内》(大坂),24年刊《江戸買物独案内》などが代表例。形態は横本が多い。【田中 康雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

買物独案内の関連キーワード近江商人小新聞政商船師民権論扇売り御為替組口上商人五箇所商人良賈

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

買物独案内の関連情報