コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

買物独案内 かいものひとりあんない

世界大百科事典 第2版の解説

かいものひとりあんない【買物独案内】

江戸時代~明治前期に板行された商人・職人名鑑。買物・あつらえ物の用に,居ながら目的の店を知ることができる。住所や暖簾(のれん)印を載せ,いろは順の業種別配列を施すなどのくふうもある。単なる商人仲間名鑑とは異なり,薬品などの広告文や飲食店なども含み,店名広告の情報的価値を認識して作られている。1820年(文政3)刊《商人買物独案内》(大坂),24年刊《江戸買物独案内》などが代表例。形態は横本が多い。【田中 康雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

買物独案内の関連キーワード会席料理仕出屋四目屋江戸前

買物独案内の関連情報