コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貿易保険制度 ぼうえきほけんせいどinternational trade credit insurance

知恵蔵の解説

貿易保険制度

貿易商品の輸送途中の危険(海難、火災など)は民間の海上保険によってカバーされるが、輸出相手の倒産によって代金回収が不能になったり、貿易相手国政府が外貨事情の悪化から外貨支払いを停止したり、戦争や内乱等で決済ができなくなったりといった多様な危険については、事故発生確率の算定も困難であり、民間の保険会社ではカバーしきれない。これらについて日本では、政府が保険事業を行ってきた。これが貿易保険制度で、貿易一般保険、輸出手形保険前払輸入保険海外投資保険海外事業資金貸付保険などがある。貿易保険制度は1950年に設立され、旧通産省が運営してきたが、2001年4月に独立行政法人日本貿易保険となった。05年には規制緩和に伴い民間損害保険会社の貿易保険参入が相次いでいる。

(永田雅啓 埼玉大学教授 / 松尾寛 (株)三井物産戦略研究所副所長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報