資料選択基準(読み)しりょうせんたくきじゅん(英語表記)selection criteria

図書館情報学用語辞典の解説

資料選択基準

図書館が資料を収集する際の基本的な方針である収集方針に基づいた,個々の資料を選定する際のよりどころとなる細則.資料選定基準とも呼ぶ.その内容は,資料の対象や類型,それに分野ごとに,どの程度の密度で,どのような資料を収集するかを明確にしたもの.これに基づき資料選択することにより,収集方針に沿った蔵書構成となることを目指している.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android