資水(読み)しすい

日本大百科全書(ニッポニカ)「資水」の解説

資水
しすい / ツーショイ

中国、湖南(こなん/フーナン)省中部を流れる長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン))水系に属する川。南源の夫夷水(ふいすい)は広西(こうせい/カンシー)チワン族自治区の資源(しげん)県南部から、また西源の赦水(しゃすい)は湖南省の城歩(じょうほ)ミャオ族自治県の北部から流れ出て、邵陽(しょうよう/シャオヤン)市で合流、北流して新化(しんか/シンホワ)、安化(あんか/アンホワ)などの県を経て東に折れ、益陽(えきよう/イーヤン)市を過ぎ、湘陰(しょういん/シヤンイン)県の臨資口(りんしこう)で洞庭湖(どうていこ/トンティンフー)に注ぐ。全長674キロメートル。流路の西側は山が迫り、上・中流は嵌入(かんにゅう)(はめ込み)蛇行の峡谷を形成する。柘渓(しゃけい)ダムが建設され、水力発電所がある。桃江(とうこう)県より下流部は船が通じる。

[河野通博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「資水」の解説

しすい【資水 Zī shuǐ】

中国,湖南省中部を流れる川。広西チワン()族自治区資源県南部に源を発する夫夷水と,城歩ミヤオ()族自治県北部に源を発する赦水が邵陽県で合流したのちに資水と呼ばれる。北流して新化安化県を流れて東に折れ,益陽市を経て洞庭湖に注ぐ。全長674km。本流の西側は山が迫り,流域は狭い帯状を呈している。上・中流の河道は曲流して急流が多く,雪峰山付近は非常に急で〈灘河〉〈山河〉のがある。桃江県より下流航行可能であるが,早瀬が多いので灘師と呼ばれる特別の水先案内がいて船を操る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android