コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資源循環型住宅 しげんじゅんかんがたじゅうたく

1件 の用語解説(資源循環型住宅の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

資源循環型住宅

建物の解体現場から排出される大量の廃棄物を、可能な限り住宅産業の中で再資源化しようという考え方。建設段階での材料や構法の選択、既存建物の解体工法、分別・回収方法などの技術課題があり、2000年度から経済産業省の「資源循環型住宅技術開発プロジェクト」で、取り組みが始まった。また02年5月に施行された建設リサイクル法が、各所での取り組みに拍車をかけている。民家の解体現場から出る古材の再利用なども、この概念に含まれる。

(松村秀一 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

資源循環型住宅の関連キーワード一般廃棄物産業廃棄物廃棄物廃棄物処理法感染性廃棄物水産飼肥料廃棄物系バイオマスRD処分場の廃棄物処理問題研究機関や医療施設から出る低レベル放射性廃棄物廃棄物のリサイクル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone