コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拍車 はくしゃspur

翻訳|spur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拍車
はくしゃ
spur

馬具の一種。乗馬の際,靴のかかとに取付ける金具で,先端に小さな花車がつけられており,これで馬の腹部刺激を与え馬を制御する補助とする。古くはかかとの一端にとがった棒をつけただけのものであったが,現在のような形状のを用いるようになったのは 14世紀初頭以後である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はく‐しゃ【拍車】

乗馬靴のかかとに取り付ける金具。馬の腹に刺激を与えて速度を加減する。ふつう歯車付きで馬体を傷めないようになっている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はくしゃ【拍車】

乗馬靴のかかとに取り付ける金具。馬の腹部を圧迫して、御すのに用いる。 〔明治期に西洋から入った〕
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

拍車
はくしゃ

乗馬靴のかかとに取り付けた金属製の馬具。後方に突出し、乗馬中、必要に応じてウマのわき腹を刺激する道具である。拍車は刺激を与える歯車の意味。しかし、中国語の拍車の本来の意味は戦車などのことである。拍車は紀元前4世紀にケルト人が使用していたとされている。初期のものは1本のとげ状のものであったが、のちには歯車状のものとなり、ヨーロッパの中世の騎士はかならず装着し、鉄、金、銀製のものがある。日本では明治以後用いられている。近年は馬体保護のため、あまり使用されなくなっている。安土(あづち)桃山時代に渡来したポルトガル人は、日本の乗馬具に拍車がないと記している。江戸時代には拍車の訳名はなく、仮名で「スポール」と記し、明治初期は「刺馬輪」と和訳してある。拍車という文字は明治中期に現れ、現在は馬具としてより、「拍車をかける」という表現のことばとして盛んに使われている。[松尾信一]
『加茂儀一著『家畜文化史』(1973・法政大学出版局) ▽加茂儀一著『騎行・車行の歴史』(1980・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

拍車の関連キーワードホーム・ミール・リプレースメントサーベンスオックスレー法ミール・ソリューション地域医療・介護推進法インプロージョン現象2008年の食糧危機ジャパン・プレミアム新興国向け低価格車カンバーランド道路クールトレーの戦いセカンドオピニオンニコラウス[1世]ディッタースドルフトレーサビリティ南オセチア自治州資源循環型住宅ファンドバブル産婦人科医不足農産物価格政策ベトナムのコメ

拍車の関連情報