質入裏書(読み)シチイレウラガキ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 質権を設定するため、指図証券または質入証券に裏書きすること。〔商法(明治三二年)(1899)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の質入裏書の言及

【裏書】より

…すなわち,AのBに対する契約解除の抗弁(人的抗弁という)は,AからCへは対抗できない(人的抗弁の切断という)。
[期限後裏書,質入裏書]
 以上のような裏書の特殊な効力は,手形の流通期限内,すなわち満期前の裏書について認められるものである。手形は満期日(満期が休日のときはこれに次ぐ第1の取引日)およびそれに次ぐ第2取引日内に支払いのため呈示されなければならない(支払呈示期間)。…

※「質入裏書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android