質量中心(読み)しつりょうちゅうしん

デジタル大辞泉の解説

しつりょう‐ちゅうしん〔シツリヤウ‐〕【質量中心】

物体の質量がその点に集中しているとみなせる点。物体が運動するとき、質点と同じ運動をし、重心と一致する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しつりょうちゅうしん【質量中心】

物体または質点系の質量分布の平均的位置にある点。重心と一致する。質量中心は系の各部に作用するすべての外力の合力に依って運動し、外力が作用しないときには等速度運動する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しつりょう‐ちゅうしん シツリャウ‥【質量中心】

〘名〙 質点系質量の分布を平均して得られる一点。全質量が集中してこの点に作用するとみなすことができる。剛体に対しては、この点(重心)に全質量に働く力が集中していると考えても、力の効果は同じである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の質量中心の言及

【重心】より

…【中岡 稔】(2)力学の重心center of gravity 物体の各部分に作用する重力の合力の作用点。質量中心center of massともいう。物体の全質量をM,重力の加速度をg,重心をGとすると,重力の合力はGに働く大きさMgの力になるから,G点の真上を上向きにMgの力で支えれば物体はつり合う。…

※「質量中心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android