コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤井照景 あかい てるかげ

1件 の用語解説(赤井照景の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤井照景 あかい-てるかげ

?-? 戦国時代の武将。
上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)城主赤井照康の子。永禄(えいろく)5年(1562)上杉謙信に攻撃され降伏,武蔵(むさし)忍(おし)(埼玉県)にのがれたという。別名に煕景(ひろかげ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

赤井照景の関連キーワード吉良上野介岩松氏純岩松昌純景重里見家連白倉五左衛門善康長長野業盛本多上野介横瀬成繁