コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤井照景 あかい てるかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤井照景 あかい-てるかげ

?-? 戦国時代の武将。
上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)城主赤井照康の子。永禄(えいろく)5年(1562)上杉謙信に攻撃され降伏,武蔵(むさし)忍(おし)(埼玉県)にのがれたという。別名に煕景(ひろかげ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤井照景の関連キーワード赤井勝連赤井煕景

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android