赤外線銀河(読み)せきがいせんぎんが(英語表記)infrared galaxy

知恵蔵の解説

赤外線銀河

赤外線域にエネルギーの大半を放射する銀河。赤外線の源は星や活動銀河核に暖められた塵粒子(ダスト)からの熱放射スターバースト銀河や活動銀河はこれ。スターバースト銀河の場合、スターバーストで作られた大量の大質量星が周囲のダストを暖め、強い赤外線を放射する。活動銀河核の場合は中心核エネルギー源の周りをダストのドーナツ状の雲が取り巻き、ここから強い赤外線が放射される。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android