コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外線銀河 せきがいせんぎんが infrared galaxy

1件 の用語解説(赤外線銀河の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

赤外線銀河

赤外線域にエネルギーの大半を放射する銀河。赤外線の源は星や活動銀河核に暖められた塵粒子(ダスト)からの熱放射。スターバースト銀河活動銀河はこれ。スターバースト銀河の場合、スターバーストで作られた大量の大質量星が周囲のダストを暖め、強い赤外線を放射する。活動銀河核の場合は中心核のエネルギー源の周りをダストのドーナツ状の雲が取り巻き、ここから強い赤外線が放射される。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤外線銀河の関連キーワードエネルギー準位エネルギー代謝核エネルギー指向性熱エネルギー一次エネルギーエネルギー学エネルギー平衡エネルギーレベル吸収エネルギー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone