コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外線銀河 せきがいせんぎんがinfrared galaxy

1件 の用語解説(赤外線銀河の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

赤外線銀河

赤外線域にエネルギーの大半を放射する銀河。赤外線の源は星や活動銀河核に暖められた塵粒子(ダスト)からの熱放射。スターバースト銀河活動銀河はこれ。スターバースト銀河の場合、スターバーストで作られた大量の大質量星が周囲のダストを暖め、強い赤外線を放射する。活動銀河核の場合は中心核のエネルギー源の周りをダストのドーナツ状の雲が取り巻き、ここから強い赤外線が放射される。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone