赤松再興記(読み)あかまつさいこうき

世界大百科事典 第2版の解説

あかまつさいこうき【赤松再興記】

嘉吉の乱(1441)により中絶した赤松氏宗家の再興のもようを簡略に述べた記録。作者,成立年代ともに不明。1454年(享徳3)に起こされた赤松宗家再興の試みが翌年失敗したことから起筆。58年(長禄2)旧臣により一族の政則が宗家を承するようすを述べ,戦国時代にはいり領国内の抗争のもようや細川高国・晴元の戦いと赤松政村の活躍を詳説。1539年(天文8)政村が将軍足利義晴の偏諱(へんき)を得て晴政と改名するまでを記す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android