コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松再興記 あかまつさいこうき

1件 の用語解説(赤松再興記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あかまつさいこうき【赤松再興記】

嘉吉の乱(1441)により中絶した赤松氏宗家の再興のもようを簡略に述べた記録。作者,成立年代ともに不明。1454年(享徳3)に起こされた赤松宗家再興の試みが翌年失敗したことから起筆。58年(長禄2)旧臣の功により一族の政則が宗家を相承するようすを述べ,戦国時代にはいり領国内の抗争のもようや細川高国・晴元の戦いと赤松政村の活躍を詳説。1539年(天文8)政村が将軍足利義晴の偏諱(へんき)を得て晴政と改名するまでを記す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

赤松再興記の関連キーワード嘉吉足利義教赤松教康赤松満祐大内持世正親町三条実雅嘉吉の土一揆佐々木持清赤松満祐足利義教

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone