コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

享徳 キョウトク

デジタル大辞泉の解説

きょうとく〔キヤウトク〕【享徳】

室町中期、後花園天皇の時の年号。1452年7月25日~1455年7月25日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうとく【享徳】

年号(1452.7.25~1455.7.25)。宝徳の後、康正の前。後花園天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

きょうとく【享徳】

日本の元号(年号)。室町時代の1452年から1455年まで、後花園(ごはなぞの)天皇の代の元号。前元号は宝徳(ほうとく)。次元号は康正(こうしょう)。1452年(宝徳4)7月25日改元。陰陽道の「三合厄歳」(三合の厄)を理由として行われた。『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。関東では、1454年(享徳3)に鎌倉公方の足利成氏(しげうじ)(5代)が関東管領の上杉憲忠(のりただ)を暗殺したことをきっかけに、幕府・山内(やまのうち)上杉氏(関東管領家)・扇谷(おうぎがやつ)上杉氏に与する勢力と、鎌倉公方(後に古河(こが)公方)に与する勢力が争う大規模な戦乱(享徳の乱)が発生した。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

享徳の関連キーワード仁和寺宮静覚入道親王多賀谷氏家月湖(1)竜造寺家兼飛鳥井雅世栄峰覚秀堀越公方伊勢貞国上杉憲忠近衛忠嗣虚廓長清甲斐常治赤松則尚朽木貞高榊鉞三郎鎌倉公方関東管領元芳正楞斯波義健邦康親王

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android