享徳(読み)キョウトク

大辞林 第三版の解説

きょうとく【享徳】

年号(1452.7.25~1455.7.25)。宝徳の後、康正の前。後花園天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

きょうとく【享徳】

日本の元号(年号)。室町時代の1452年から1455年まで、後花園(ごはなぞの)天皇の代の元号。前元号は宝徳(ほうとく)。次元号は康正(こうしょう)。1452年(宝徳4)7月25日改元。陰陽道の「三合厄歳」(三合の厄)を理由として行われた。『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。関東では、1454年(享徳3)に鎌倉公方の足利成氏(しげうじ)(5代)が関東管領の上杉憲忠(のりただ)を暗殺したことをきっかけに、幕府・山内(やまのうち)上杉氏(関東管領家)・扇谷(おうぎがやつ)上杉氏に与する勢力と、鎌倉公方(後に古河(こが)公方)に与する勢力が争う大規模な戦乱(享徳の乱)が発生した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょうとく キャウトク【享徳】

室町時、後花園天皇の代の年号。宝徳四年(一四五二)七月二五日疱瘡流行により改元。享徳四年(一四五五)七月、康正と改元。出典は「尚書」の「世世享徳、万邦作式」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

享徳の関連情報