コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松朝範 あかまつ とものり

1件 の用語解説(赤松朝範の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松朝範 あかまつ-とものり

?-? 南北朝時代の武将。
赤松範資(のりすけ)の子。足利尊氏・直義(ただよし)兄弟が対立した観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)(1350-52)では父や祖父赤松則村とともに尊氏に属し,高師直(こうの-もろなお)にしたがい石塔頼房(いしどう-よりふさ)を攻める。また足利義詮(よしあきら)にしたがい足利直冬(ただふゆ),山名時氏とたたかった。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone