コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松範実 あかまつ のりざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松範実 あかまつ-のりざね

?-? 南北朝時代の武将。
赤松範資(のりすけ)の子。叔父赤松則祐(のりすけ)の養子となる。足利義詮(よしあきら)にしたがい,延文4=正平(しょうへい)14年(1359)南朝方の竜泉寺城を攻めた。のち一時南朝に帰順したが,則祐の招きに応じて義詮に属した。通称は彦五郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

赤松範実の関連キーワード南北朝時代赤松範資

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android