コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤石楔状地 あかいしせつじょうちAkaishi sphenoid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤石楔状地
あかいしせつじょうち
Akaishi sphenoid

中央構造線糸魚川-静岡構造線にはさまれた赤石山地を主とする三角形の地域。 E.ナウマンが命名した地体構造論上の術語で,中央構造線の南に三波川帯秩父帯四万十帯帯状に配列する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の赤石楔状地の言及

【赤石山脈】より

…南アルプスまたは南アともいう。平面形は,北部にある杖突峠(1247m)付近を頂点とする三角状地(南北延長約130km,東西の幅最大約60km)に見えるため,〈赤石楔状地(せつじようち)〉と呼ばれることもある。北緯35゜~36゜付近に位置し,静岡・山梨・長野の3県にまたがって北北東~南南西に延びている。…

※「赤石楔状地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

赤石楔状地の関連キーワード赤石山脈糸魚川

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android