コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤石楔状地 あかいしせつじょうち Akaishi sphenoid

1件 の用語解説(赤石楔状地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤石楔状地
あかいしせつじょうち
Akaishi sphenoid

中央構造線糸魚川-静岡構造線にはさまれた赤石山地を主とする三角形の地域。 E.ナウマンが命名した地体構造論上の術語で,中央構造線の南に三波川帯,秩父帯,四万十帯が帯状に配列する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の赤石楔状地の言及

【赤石山脈】より

…南アルプスまたは南アともいう。平面形は,北部にある杖突峠(1247m)付近を頂点とする三角状地(南北延長約130km,東西の幅最大約60km)に見えるため,〈赤石楔状地(せつじようち)〉と呼ばれることもある。北緯35゜~36゜付近に位置し,静岡・山梨・長野の3県にまたがって北北東~南南西に延びている。…

※「赤石楔状地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤石楔状地の関連キーワード西南日本東北日本糸魚川静岡構造線構造線糸静線大鹿村中央構造線博物館糸魚川‐静岡構造線新潟県糸魚川市根小屋臼杵‐八代構造線仏像‐糸川構造線

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone