糸魚川静岡構造線(読み)イトイガワシズオカコウゾウセン

大辞林 第三版の解説

いといがわしずおかこうぞうせん【糸魚川静岡構造線】

本州を地質学的に東北日本と西南日本とに二分する大断層線。糸魚川付近から松本盆地・諏訪盆地・甲府盆地・富士川流域を経て静岡に至り S 字状を描く。フォッサマグナの西縁。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いといがわ‐しずおか‐こうぞうせん いといがはしづをかコウザウセン【糸魚川静岡構造線】

糸魚川から南へ、松本、諏訪の両盆地を経て、静岡にいたる大断層線。日本列島を地質構造の上で東北日本と西南日本とに二分する。大正七年(一九一八)矢部長克が命名。→フォッサマグナ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糸魚川静岡構造線の関連情報