赤穂義人録(読み)アコウギジンロク

大辞林 第三版の解説

あこうぎじんろく【赤穂義人録】

史伝。二巻。室鳩巣著。1703~1709年成立。義士を称揚する立場から、赤穂浪士仇討あだうちの一件、浪士各人の略伝を漢文で記したもの。赤穂浪士関係の書物としては、最も早く流布した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android