コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤穂義士 あこうぎし

3件 の用語解説(赤穂義士の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤穂義士
あこうぎし

江戸時代中期,5代将軍徳川綱吉の時代,元禄 15 (1702) 年 12月 14日夜 (15日早朝) ,江戸の吉良義央 (上野介) 邸に討入り,旧主浅野長矩 (内匠頭) の仇討ちをとげた赤穂浪士大石良雄ら 46人と,仇討ちのとき姿を消した寺坂吉右衛門を含めて四十七士として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あこう‐ぎし〔あかほ‐〕【赤穂義士】

元禄15年(1702)12月14日、主君の浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)の恥辱をそそぐため、吉良上野介義央(きらこうずけのすけよしなか)を討った旧赤穂藩士47名のこと。翌年2月4日、幕府の命により切腹、泉岳寺に葬られた。赤穂浪士。四十七士。寺坂吉右衛門が討ち入りの途中から姿を消したので四十六士ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

赤穂義士

海音寺潮五郎の史伝文学。1955年刊行。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤穂義士の関連キーワード奥の細道赤穂浪士忌宮神社切腹最中の日残留孤児・婦人訴訟判決国包(4代)倉橋伝助文喜女王松平勝房米倉昌明

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤穂義士の関連情報